2007年08月20日

ビタミンの歴史

ビタミンは通常の食事を取っていれば必要量が摂取できる。 単調な食事に縛られた時、ビタミン不足による障害が発生するが、長い間それは単なる栄養不足とか病気と見られていた。
ビタミン発見の発端は、軍隊が今ではビタミン不足による障害と知られている壊血病や脚気に集団でかかり、当時の軍医らがこれらの病気の撲滅を狙って研究したことから始まる。
1734年、J・G・H・クラマーは壊血病にかかるのはほとんど下級の兵卒であり、士官らはかからないことに気づいた。士官らは頻繁に果物や野菜を食べており、下級の兵卒らは単調な食事であることから、壊血病を防ぐために果物や野菜を取ることを勧めた。 また、ジェームズ・リンドは 1747年、イギリス海軍で壊血病患者を幾つかのグループに分け異なる食事を与える実験を行った。 その結果、オレンジやレモンの柑橘系果物が壊血病に有効であることを発見した。 しかしこれらの発見は黙殺され、結局壊血病は 1797年にイギリス海軍において反乱が起き、その要求の一つにレモンジュースが入り、それが受け入れられるまでイギリス海軍を悩ませた (但し、イギリス海軍本部は安価なライムを代用した)。
日本でも日本海軍の水兵に脚気が蔓延し悩まされた。 軍医大監だった高木兼寛は、士官は脚気に冒されず、かつ単調な食事をしてないことに気づいた。そこで 1884年、白米に大麦を加え、肉やエバミルクを加えるなど食事の中身を若干イギリス風にした。これにより脚気自体は無くなった。しかし、高木はビタミンの存在に気づかず、単にタンパク質が増えたためと考えた。
ビタミンの存在に気づいたのは、クリスチアーン・エイクマンで、彼は 1896年滞在先のインドネシアで米ヌカの中に脚気に効く有効成分があると考えた。 1911年カジミール・フンクがこの有効成分を抽出することに成功した。 1912年、彼は自分が抽出した成分の中にアミンの性質があったため、「生命のアミン」と言う意味で「Vitamine」と名付けた。 ところでフンクの発表より 1 年前の 1910年、日本でも鈴木梅太郎が同成分の抽出に成功しオリザニンと命名したが、日本語で発表したため広まらなかった。
1913年エルマー・ヴァーナー・マッカラムは、バターまたは卵黄の脂肪の中にネズミの成長に不可欠な成分があることを発見し、翌年 (1914年) その成分の抽出に成功した。 マッカラムの抽出した成分は、フンクが抽出した成分と明らかに異なるため、前者を「油溶性 A」、後者を「水溶性 B」と名付けた。
1920年ジャック・セシル・ドラモンドが柑橘系果物の中の壊血病を予防する成分の抽出に成功した。 明らかにアミンの性質を含んでなかったが、「生存に不可欠な微量成分」=「ビタミン」の名称は、既に日常的に使用されていたため、発音はそのままで若干スペルを変更し (Vitamin)、「油溶性 A」を「ビタミン A」、「水溶性 B」を「ビタミン B」、壊血病を予防する成分を「ビタミン C」と命名した。
その後、生命に必要な成分は幾つか見つかり、その都度、正式な化学構造が判明し適当な名前を付けるまでの仮称として、D, E, F... と順に名付けられた(ビタミン K を除く)。 また、ビタミン B に関しては、非常に似た性質を持つグループがあることが分かり、ビタミン B 群として、B1, B2, B3... と順に名付けられた。
さらにその後、ビタミン F など、幾つかのビタミンは間違いであることや、ビタミン H など、B 群であることが判明し消滅した。 その後、各ビタミンの構造が明らかになり、適当な名称が付けられたが、ビタミン B12 (シアノコバラミン)やビタミン C(アスコルビン酸)など、ビタミンの方が知名度が高いものもある。 また、化学構造の解読が早かったり、解読の結果 B 群に属することが明らかになった結果、仮称(「ビタミン〜」)の無いビタミンも存在する(葉酸、ナイアシン等)。
posted by piropiro at 09:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52009577

この記事へのトラックバック

ミネラルって何?
Excerpt: ミネラルの特徴 ミネラルは、体の機能の維持や調整に欠くことのできない無機質の栄養素です。 ビタミンも体にとって必須ですが、ビタミンは有機化合物で、炭素、水素、酸素、窒素などの元素を含んでいますが、ミネ..
Weblog: ちょいデブおやじのダイエット奮闘記 〜 雑学編 〜
Tracked: 2007-08-25 02:58
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。